スポンサーサイト

  • 2016.04.14 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    老人ホームの老人虐待

    • 2005.02.21 Monday
    • 22:19
    最近ぜんぜん話題にも上らないんで、どうなったかと思っていたら、この件についての行政処分っていうのはもうとっくに済んでいたんだ。
    札幌市のほうではそれをもって一応シャンシャン♪と手打ちにしてしまおうと決め込んでるらしい。

    でも施設側はまったく反省していない様子。

    内部告発をした職員に対して行なわれているっていう、上司による恫喝だとか同僚の監視っていうのも、実は朝から晩まで一日中やってるんだそうな。

    (いやいやルミエールの皆さん、そんな事してるヒマがあったら、入所者の方をきちんと介護してあげてください。そっちが本来のお仕事なんですから…。ハハハ…)

    こんな施設でもやっぱり入る時ってお金取られちゃうんだろか、職員が油売ってても。
    一日中っていう事は、仕事なんかそっちのけなんでしょうからね。

    おそらくまだまだこれからも続けて行くつもりなんでしょう。
    改善命令が出てるのに…。
    改善命令って言うくらいだから、「改善」を「命令」されたっていう意味なんだと思うんだけどなあ…。
    それでも一応、「チクったヤツの目の届かない所でやりなさい」みたいな指導は入ってるらしいから、ある程度は効果有りって事になるのかな。

    それにしても告発職員の村八分だとか入所者のイジメだとか、毎日毎日そんな事やってて、頭どうにかならないんだろうか…。
    (「年寄りどつき回してるヤツを放置してた時点で頭おかしいじゃん」って言われたらそれまでだけど)

    上のほうから言いつけられたからって、理由も無いのに朝から晩までわめき散らしてなきゃいけない上司っていうのも、考えてみれば、ある意味被害者なのかもしれないねえ。
    (何でこんな事やってんだろ、おれ)みたいな。そのうち頭おかしくなって来るんじゃないだろか。
    でもそうなってくれたほうが、全国的にももっと注目されて、結果的にはいいのかもしれない…。そうなんだろうね、きっと…。

    ああ、そうそう。おまけにこの施設を運営してるトコ、告発した人とそれを支援してる労働組合と取り上げた新聞社とを相手に、「慰謝料よこせ」って裁判起こしてたみたいです。
    まあそうでもしなけりゃ、こんな風に騒がれちゃって、フトコロも大変なんだろう。

    それにしてもこういうのって、警察とか首突っ込んで来ないんだね。

    雪、持ってっちゃってください。

    • 2005.02.13 Sunday
    • 23:20

    町内できのうからガタガタガタガタとブルとダンプが駆けずり回ってはいましたが、きょう、『笑点』が始まる時分になってようやくうちの辺りにもブルが入り始めました。


    「グヮ〜ン、ゴゴゴゴゴゴッ...」と聞こえて来たので窓の外を見れば、奥の通りから雪を押して来たブルがちょうど部屋の横を通って行くトコでした。

    夏でもないのに網戸が写ってしまってますが、手前に見える黒いの、ぼくの部屋の下に積もった雪ですから。
    先日申し上げた通り、窓のすぐ下まで積もっております。ほんとすぐ目の前でしょう?

    うちの脇の通りを出る所に積み上げられた、ブルが持って来た雪も、優に3mはあるんじゃなかろうか。
    もうブルもダンプも見当たらないから、「続きはまたあした」って事なんだろう。ヘッヘッへ。
    別に自慢する事じゃないけど、こうして見ていると、何とはなしに誇らしい気分になって来るな。
    こういうのって多分、病気を自慢したり、飲んでる薬の量を自慢する、そういうのと同じ類の心持ちなんだろう。

    では雪さんさようなら。

    2階の窓から出入りができる

    • 2005.02.12 Saturday
    • 16:56
    ぼくの部屋、2階にあります。
    で今、窓からすぐ下が雪。
    「お出かけの時とっても重宝するんですよ♪」
    ほんとそのくらい積もってます。

    ダンプが何台も家の前を行き来しているところを見ると、うち周りにもどうやら市の一斉排雪の手が迫って来ている様子。この雪とももうおさらばだ。
    その前にどうにかこのやっかいものを激写してやろうかと思ったのに、どうも窓越しだと上手に撮れないみたいだ。
    残念無念。

    また来年だな。それまでにいい手を考えておこう。

    うちがほんとのゆきまつり

    • 2005.02.06 Sunday
    • 14:02
    たしかきょうからだったかな?ゆきまつり始まったそうです。
    さすがに札幌の中心部はすっきりと除雪されてます。

    それにしたって、観光客だってわざわざ雪を見に来るんでしょうに。何もこう取って付けたようにきれいにしなくてもいいじゃないの?って気になるね。
    きのう、ぶらぶらしに街まで出てたら、かなりこぎれいに排雪されてたんで驚いてしまったもの。

    前に誰かに聞いた話では、ゆきまつり時期に合わせて市の中心部に一斉排雪が入るようで、
    「札幌って案外雪少ないのねえ」
    なんて言って帰る観光客も少なくないんだとか。

    観光客にけがでもされちゃたらまん、っていうんできれいにするのはわかるけどさ。
    ゆきまつり見に来ました、って言ったって、1週間も十日もいる訳じゃないんだから、どうせやるんなら街ん中だけじゃなく雪の多い地区も併せてやりゃあいいじゃん。
    きのうなんて街の中をあちこちうろついた後、帰ってみれば、バス降りたらこうだったからね。↓


    「札幌って冬場こうなんですよ」ってな具合に、住宅地でも雪の多い地域にみんな連れてって、「わっせわっせ」言いながら雪かきしている様を見せてあげてもよさそうだけどなあ。

    ただ公園に雪の塊を集めて見せるよりも、ほんとにお祭り騒ぎになっちゃってる分、そっちのほうがよっぽどお祭りらしいじゃないか。

    うんうん。なかなかの名案だ。
    下の写真、メル友さんに送った画像だけど、埋もれ具合がなかなかいい感じに撮れてたんで、せっかくだからUPしてみた。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    たまに居ます

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    DVD 怪奇大作戦 Vol.6
    DVD 怪奇大作戦 Vol.6 (JUGEMレビュー »)

    第23話『呪いの壺』・第24話『京都買います』と、2本の京都な怪奇大作戦が観られます。

    どちらともいかにも“昭和”って感じの、どこかうさん臭いような雰囲気と、いつか子どものころに自分も味わったことのあるようなにおい。
    それに加えて(ああここって京都なんだなあ)ってな印象・風景。

    観ているうちにいつの間にか身に覚えの無いノスタルジーの世界にひきずりこまれてしまってます。

    街の雰囲気や、家や蔵のほこりくさい感じ、延々と延びた狭い路地。
    これが京都なんだなぁ、きっと。
    京都だ。京都だ京都だ。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM