スポンサーサイト

  • 2016.04.14 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    ホタルがいれば満足なのか?(だれか教えて…)

    • 2005.04.30 Saturday
    • 16:28
    ←ホタルです。
    北海道でも、たしかこれからの時期にあちこちの川でホタルの幼虫を放流したりしてる。

    環境保全・環境保護の象徴とされてしまってるんで、ホタル放して
    「ほら、自然があるでしょう」
    と言いたい気持ちはわからないでもない。
    北海道と言えば、観光の目玉は自然くらいしかないしね。

    ただ、在来種でもないゲンジボタルを放流して、それを売りにするってのは考えが足りないんじゃないか?
    沼田町というところでは、やってます。ほたる祭り。
    お祭り開いちゃってるんですってよ。
    「道内ではめずらしいゲンジボタルが数千匹。」

    って、そりゃ珍しいでしょうよ。もともといないのを持ち込んで放しちゃったんだから。

    ブラックバスだとかアライグマとか、あからさまに被害が出たりはしないのかもしれないけれど、こういう事って何の問題もないのかしら。
    外来種を持ち込んでるんですぜ。大丈夫なの?生態系。
    それも沼田町に至っては町ぐるみでやってる訳で。ほんとにいいのか?少なくともこんな風に褒められた行為ではない筈だろう。
    と、どうにも気になってしょうがない。

    まあゲンジボタルのほうが明るいって聞いたら、そっちのほうを飼いたくなるのは、まあ人情ってもんなんだろうけど、町ぐるみでおおっぴらにやっちゃまずいだろぉ。

    もうちょっと考えて行動したら?ほんとにそのホタルでよかったの?

    お若ぇの、お待ちなせェ。

    • 2005.03.13 Sunday
    • 00:53
    「おい、お前。お前んち鳥飼ってたじゃないか、鳥。
     わんこはいいけど、鳥どうしたんだ。」

    って言われないとも限らないんで。


    テーブルの脚を撮ったんですけど、見えます?陰に隠れてるの。
    かごから出してやると、人にちょっかい出したりそこいらに出ているものをかじって歩いて、飽きるとここですわ。
    隠れているつもりなのか、テーブルの下に入って、脚にぴったりくっついてます。
    …、ごにょごにょと独り言言ってるところをみると、隠れてるつもりでもないんだろうなあ。

    輪ゴム見つけるとくわえてあそぶんですよ。こんな風に。


    放っておくと向こうからトットコ駈け寄って来るんで、そこだけ見るとなかなか愛いヤツです。
    こっちから手を出してやると怒りますけど。
    威嚇した後、間髪入れずに噛み付いて来ます。それがまあ、穴空くほどかじるんですから。

    『妖怪人間ベム』のオープニングか、ハリウッド版ゴジラの姿を彷彿とさせてくれます。

    (・e・) ひよこまーく

    イヌを買ったという話

    • 2005.03.13 Sunday
    • 00:11
    ぼくはわんこを買いました。
    FBにしようかMLDにしようか、ずいぶんと、1年は迷ったろうか。
    家族と協議の結果、ダックスフンドに決まったのはつい最近の事。
    同じ犬種でも毛色で価格ってちがうんだろうか。
    「これ」と決めた個体が思いのほか高かったので、二の足踏み踏み
    小一時間もペットショップをうろついて。

    結局このムスメを買いました。

    名前は「花」に決めました。
    続きを読む >>

    ではそろそろ…

    • 2005.01.29 Saturday
    • 10:31
    「さてと…」
    「でかけるとしますか…」

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    たまに居ます

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    DVD 怪奇大作戦 Vol.6
    DVD 怪奇大作戦 Vol.6 (JUGEMレビュー »)

    第23話『呪いの壺』・第24話『京都買います』と、2本の京都な怪奇大作戦が観られます。

    どちらともいかにも“昭和”って感じの、どこかうさん臭いような雰囲気と、いつか子どものころに自分も味わったことのあるようなにおい。
    それに加えて(ああここって京都なんだなあ)ってな印象・風景。

    観ているうちにいつの間にか身に覚えの無いノスタルジーの世界にひきずりこまれてしまってます。

    街の雰囲気や、家や蔵のほこりくさい感じ、延々と延びた狭い路地。
    これが京都なんだなぁ、きっと。
    京都だ。京都だ京都だ。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM