スポンサーサイト

  • 2016.04.14 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    とぼけちゃいけねえ知ってるぜ

    • 2006.11.20 Monday
    • 17:38
    どうも『どろろ』が実写で映画化されるようで、雑誌に広告が載ってました。

    それを見ると柴咲コウがどうやら『どろろ』のようです。

    キャストのトコを見てみると、頭が“妻夫木聡 / 柴咲コウ”となってました。

    ってことは、妻夫木聡が『百鬼丸』ってことなの?それでいいの?

    多分『映画『どろろ』製作委員会』とかいう組織が立ち上げられて、そこでいろんなことが決まってるのだろうけれど、委員の誰からも「そいつは百鬼丸じゃない!」という声は上がらなかった?

    まんが、ちゃんと読んだ人たちの集まりなの?

    もう撮り終わってるんだろうけど、柴咲コウの『どろろ』は、あの写真見た限りでは“有り”だけど、妻夫木聡の『百鬼丸』は、たとえぼくが妻夫木聡ファンだったとしても、“無し”だよなあ。

    妻夫木聡の『百鬼丸』は無しだよ。
    妻夫木聡の百鬼丸はないよなあ。

    (その後、事情通の情報によると、彼が百鬼丸じゃないそうです)

    と、いうことでメデタシメデタシ。( ゚Д゚)『どろろ』ガンガレ!

    スポンサーサイト

    • 2016.04.14 Thursday
    • 17:38
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      たまに居ます

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      DVD 怪奇大作戦 Vol.6
      DVD 怪奇大作戦 Vol.6 (JUGEMレビュー »)

      第23話『呪いの壺』・第24話『京都買います』と、2本の京都な怪奇大作戦が観られます。

      どちらともいかにも“昭和”って感じの、どこかうさん臭いような雰囲気と、いつか子どものころに自分も味わったことのあるようなにおい。
      それに加えて(ああここって京都なんだなあ)ってな印象・風景。

      観ているうちにいつの間にか身に覚えの無いノスタルジーの世界にひきずりこまれてしまってます。

      街の雰囲気や、家や蔵のほこりくさい感じ、延々と延びた狭い路地。
      これが京都なんだなぁ、きっと。
      京都だ。京都だ京都だ。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM