スポンサーサイト

  • 2016.04.14 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    日本史やりなお史

    • 2006.04.26 Wednesday
    • 23:34
    パール判事の日本無罪論
    パール判事の日本無罪論
    田中 正明

    もうね、読み進むうちにね、どうして学校でここんトコを詳しく説明してくれなかったのかと思いましたね。


    日本の歴史にあれやこれやと思いを致すほど、社会科の成績が良かった訳でもありませんが、最近になってなんとなく、御一新以降の日本を知りたくて、何冊か本を読みますた。


    満州侵略、真珠湾攻撃、敗戦、東京裁判


    その辺りを授業で触れる頃には、学期ももう3学期に突入してて、“さらっ”とおざなりに流されてしまっていたように憶えてます。
    正直よく考えてみると、実際にここいら辺を授業で習ったかどうか、その記憶すらあやしくなってきます。


    そんなこんなで、たまに戦前〜戦後に関する特集をテレビで観たりすると、たちまちに

    (敗けるのがわかってて戦争するなんて、当時のこの国は、軍国主義にどっぷり浸かっていたんだなぁ)

    とまあこんな風に、うっすらと、思うでもなく思っておりました。

    でも、そうじゃなかったのね。

    あの戦争って、「せざるをえない」ような空気に流されて起こした戦争だったのね。

    東京裁判の「戦犯」て、そういう事だったんだね。


    中国や朝鮮が「謝罪」「賠償」「反省」と言ってるのをテレビで見る度、なんとなく後ろめたく、なんとなく申し訳ないような気分にさせられてました。


    それを考えると、なぜに戦争が起こって、結果、どんな形で責めをを負わされて今に至っているのか、もうちょっと、きちんとお勉強し直さないといけないなぁ。

    と、そんな気分にさせられますた。

    スポンサーサイト

    • 2016.04.14 Thursday
    • 23:34
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>

      たまに居ます

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      DVD 怪奇大作戦 Vol.6
      DVD 怪奇大作戦 Vol.6 (JUGEMレビュー »)

      第23話『呪いの壺』・第24話『京都買います』と、2本の京都な怪奇大作戦が観られます。

      どちらともいかにも“昭和”って感じの、どこかうさん臭いような雰囲気と、いつか子どものころに自分も味わったことのあるようなにおい。
      それに加えて(ああここって京都なんだなあ)ってな印象・風景。

      観ているうちにいつの間にか身に覚えの無いノスタルジーの世界にひきずりこまれてしまってます。

      街の雰囲気や、家や蔵のほこりくさい感じ、延々と延びた狭い路地。
      これが京都なんだなぁ、きっと。
      京都だ。京都だ京都だ。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM