スポンサーサイト

  • 2016.04.14 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    HEAD FISH

    • 2004.04.29 Thursday
    • 01:33


    中学の頃からしばらく、北杜夫ばかりを読んでいた時期がある。
    “どくとるマンボウ”さ。

    その中でよく目にしたのが「との由」とか「の由である」とか。

    『由』とは“伝達・(伝聞・見聞)の内容との由。

    江戸時代、松平定信の側近の中に、世上の見聞や官僚の評判などせっせと書き留めては報告する者があったそうで、「〜の由、〜の由」と噂話を綴ったその本は『よしの冊子』と呼ばれていたんだそうな。

    まぁぼくもそんな感じで、なんでもかんでも載せていってやろうかと思った訳です。
    その日その日の書き留めておきたい事から、書かないほうがいくらかマシな事まで。

    スポンサーサイト

    • 2016.04.14 Thursday
    • 01:33
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      なつかしいーっ「との由」
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      たまに居ます

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      DVD 怪奇大作戦 Vol.6
      DVD 怪奇大作戦 Vol.6 (JUGEMレビュー »)

      第23話『呪いの壺』・第24話『京都買います』と、2本の京都な怪奇大作戦が観られます。

      どちらともいかにも“昭和”って感じの、どこかうさん臭いような雰囲気と、いつか子どものころに自分も味わったことのあるようなにおい。
      それに加えて(ああここって京都なんだなあ)ってな印象・風景。

      観ているうちにいつの間にか身に覚えの無いノスタルジーの世界にひきずりこまれてしまってます。

      街の雰囲気や、家や蔵のほこりくさい感じ、延々と延びた狭い路地。
      これが京都なんだなぁ、きっと。
      京都だ。京都だ京都だ。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM